横山基礎工事トップページ > 工法一覧(工法名別) > PAL-SYSTEM7工法

- 低空間専用掘削システム -

【 NETIS登録番号 KK-040023-A 】

PAL-SYSTEM7工法

PAL-SYSTEM7工法の概要

本工法は、硬岩質及び多層地盤掘削で評価の高い全回転式オールケーシング掘削機を用い、上空制限下での各種杭打施工を可能にした低空間専用掘削システムです。
本システムは、掘削機のトルクアップと特殊低空間に諸元・仕様を変更、また新開発の低空間専用特殊掘削クローラクレーンや特殊油圧グラブの採用といった当社独自の設計により、掘削機本来の掘削性能を損なうことなく施工機械の極限の短尺化を可能にした画期的な工法です。

適用工種

  • 狭小空間における各種杭工事・場所打ち杭工・鋼管杭工( 回転埋設・建込工)・置換工・深礎工

工法の特長

  • 騒音振動が小さく、制約条件の多い市街地にも最適です。
  • 砂層・粘性土層・礫層および岩盤層とあらゆる地盤に対応。水中掘削も可能です。
  • 置換掘削(特殊配合材料)後のクランプ交換により、鋼管矢板の圧入も可能です。

作業可能な最低上空高

φ1500mm級 φ2000mm級 φ3000mm級
約6.5m 約7.5m 約10.0m
  • 他の工法紹介ページを見る
  • お問い合わせはこちら
  • 最寄の営業所に問い合わせる

[ 兵庫(本社)・東京・東北・名古屋・大阪・四国・広島・九州・南九州の拠点から全国対応 ]

  • 課題解決事例
  • NETISについて
  • お知らせ
工法特設ページ公開中!
マイクロジョイントパイル工法
フェニックス・ステージ工法
A-CR工法
カプセルホウ・パイラ[BSタイプ]工法
大口径大深度鋼管埋設工法
ページトップへ