横山基礎工事トップページ > 工法一覧(工法名別) > PRD-ROSE工法

- 大口径高速岩盤削孔システム -

【 NETIS登録番号 KK-030001-V 】
平成24年度 活用促進技術(新技術活用評価会議(関東地方整備局))

PRD-ROSE工法

PRD-ROSE工法 概要

千差万別の地形、土質、掘削径などの施工条件にあわせて工法を選択できるオープンエンドのダウンザホールハンマ掘削の技術群です。
クレーン吊り下げ式の施工スタイルで、重機足場と杭心との離隔や高低差にも柔軟に対応でき、重機足場の設置面積を最小限に抑えることもできます。
また、河床堆積層、崖錐層等自立性に乏しい地盤と岩盤との互層に対する専用の拡径ビットを用いたケーシング併用掘削や鋼管矢板の直接打設、更には、硬質岩盤に対するCD(クラスタードリル)タイプのハンマによる大口径の低振動・低騒音掘削等、ヴァリエーション豊かな掘削技術により、多様な現場条件において急速施工を実現します。

適用工種

  • 土留杭工・抑止杭工・置換掘削工・柱列連続壁工・大深度井戸・鋼管(鋼管矢板)直接打設工

REACH-PILE-X TYPE [ クレーン懸垂・拡径ビット併用二重管・鋼管 / 鋼管矢板直接打設タイプ ]

鋼管杭・鋼管矢板の管内に拡径ビット仕様の特殊ダウンザホールハンマを中掘り式にセットし掘進することで、掘削と杭建て込みを同時進行させ、岩塊・玉石層から岩盤層まであらゆる土質に対する杭体の急速打設を実現した硬質地盤対応の施工方法です。

継手部の先行削孔を行うことで、鋼管矢板の硬質岩盤への打設にも適用可能です。

特長

  • 鋼管、鋼管矢板を削孔と同時に打設する場合で重機足場と杭打設位置の水平距離または高低差がある場合に適します。

適用地盤

崩壊性地盤や土被りが厚い地盤、および岩塊、玉石、転石を含む地盤に適用できます。

SINGLE TYPE [ 素掘(標準)タイプ ]

孔壁が自立する固結性の高い硬質地盤や,硬質岩盤の互層地盤掘削にその性能を発揮する、ダウンザホールハンマの基本仕様で、ベースマシン付属のブームまたはリーダーに装着して回転反力を確保して掘削します。

特長

  • 素掘り型。PRD工法の標準タイプ。孔壁が安定する地盤に適する。1,830mmまでの大口径削孔が可能である。

適用地盤

崩壊性土被り厚が3m以内で、孔壁が安定する地盤に適する。

  • DHDタイプ(φ420mm~960mm)

  • CDタイプ(φ1360mm)

  • CDタイプ(φ1830mm)

  • 他の工法紹介ページを見る
  • お問い合わせはこちら
  • 最寄の営業所に問い合わせる

[ 兵庫(本社)・東京・東北・名古屋・大阪・四国・広島・九州・南九州の拠点から全国対応 ]

  • 課題解決事例
  • NETISについて
  • お知らせ
工法特設ページ公開中!
マイクロジョイントパイル工法
フェニックス・ステージ工法
A-CR工法
カプセルホウ・パイラ[BSタイプ]工法
大口径大深度鋼管埋設工法
ページトップへ