横山基礎工事トップページ > 工法一覧(工法名別) > 多目的SEP[星都]

- 分解組立式甲板昇降型作業台船 -

【 NETIS登録番号 KK-070013-A 】

多目的SEP[星都]

多目的SEP[星都]の概要

機動性と搭載規模を追求した『多目的SEP〔星都〕』は、PRD-ROSE工法、カプセルホウ・パイラ[BSタイプ]工法をはじめとする横山基礎工事の先端基礎施工技術と併せ、内外水面工事において大口径大深度掘削・鋼管矢板打設工・鋼管杭打設工・場所打杭工・置換掘削工・地盤改良工等あらゆるニーズにお応えできる次世代の多目的SEPです。

適用工種

  • 河川、ダム湖・湖沼等や港湾工事等における既製杭工・仮締切工・鋼管矢板工・障害物撤去工等に適用できる。

工法の特長

  • 38個の小型フローターによる組立構造であるため、陸送が可能になり、ダム湖・河川・湖沼等すみやかに重機用作業構台(縦33m×横21m×高さ2.6m)の確保ができる。
  • 施工現場に最適な船体形状に組立てることができ、またレグの取り付け位置や本数も状況に合わせて選択できる。
  • 1600トンと従来のSEPに比べ2倍の昇降能力を持ち、最大深度23m・最大搭載荷重600トンが可能で、海洋工事においてφ3000mmの大口径大深度掘削等大規模施工に対応できます。
  • 同型SEPを3隻建設する為、組み合わせによる大型SEPとしての使用も可能です。
  • 鋼管矢板による中仕切り施工

モジュール拡大図

台船全景

  • 他の工法紹介ページを見る
  • お問い合わせはこちら
  • 最寄の営業所に問い合わせる

[ 兵庫(本社)・東京・東北・名古屋・大阪・四国・広島・九州・南九州の拠点から全国対応 ]

  • 課題解決事例
  • NETISについて
  • お知らせ
工法特設ページ公開中!
マイクロジョイントパイル工法
フェニックス・ステージ工法
A-CR工法
カプセルホウ・パイラ[BSタイプ]工法
大口径大深度鋼管埋設工法
ページトップへ