横山基礎工事トップページ > 工法一覧(工法名別) > マイクロジョイントパイル工法

- 継手部の先行掘削を不要にした特殊短尺継手付き鋼管矢板の岩盤打ち込み工法 -

【 NETIS登録番号 KK-110045-A 】

マイクロジョイントパイル工法

マイクロジョイントパイル工法 ≪特殊短尺継手付き鋼管矢板の岩盤打ち込み工法≫ 概要

工法専用のマイクロジョイント式の鋼管矢板を従来の約4分の1のショートピッチで打設することにより、継手部の先行削孔が不要となり、1工程で岩盤掘削と鋼管矢板の建て込みを行う究極の急速施工方法です。

適用工種

  • 土留壁、仮締切壁、河川・港湾の護岸壁
  • ダムのリニューアル工事、機能追加工事の各種壁体
  • 渡河橋梁や海洋橋梁などのための鋼管矢板井筒壁
  • 各種河川、海洋構造物などの洗掘対策構造
  • 産業廃棄物処分場など遮断対策を必要とする遮水壁

工法の特長

  • 転石混じり河床堆積層や岩盤にも鋼管矢板を直接打設が可能です。
  • 特殊短尺継手と拡径式ダウンザホールハンマ工法の組み合わせにより、 継手部の先行掘削が不要なため大幅な工期短縮ができます。
  • 特殊短尺継手付き鋼管矢板を、仮設材としてレンタル提供することにより、コスト削減とリサイクル性の向上ができます。
  • 河川・海上、臨海部、その他飲料に関する水源に隣接した場所では、ハンマの潤滑油に生分解性オイルを使用し周辺環境保護に期待ができます。
  • 特殊短尺継手を採用することでダウンザホールハンマ工法だけでなく、 拡径式中掘機併用鋼管矢板圧入工への適用が可能になります。
  • ショートピッチで鋼管矢板本管が配列できるため、同一径で従来の鋼管矢板より壁体の強度がアップし、深い水深に対応ができます。

継手拡大写真

【締切完了状況】
止水性の確保にはパイルロックが使用できます

削孔範囲の比較

  • 他の工法紹介ページを見る
  • お問い合わせはこちら
  • 最寄の営業所に問い合わせる

[ 兵庫(本社)・東京・東北・名古屋・大阪・四国・広島・九州・南九州の拠点から全国対応 ]

  • 課題解決事例
  • NETISについて
  • お知らせ
工法特設ページ公開中!
マイクロジョイントパイル工法
フェニックス・ステージ工法
A-CR工法
カプセルホウ・パイラ[BSタイプ]工法
大口径大深度鋼管埋設工法
ページトップへ