横山基礎工事トップページ > 課題解決事例一覧 > 都市部の雨水幹線立坑の低騒音・低振動施工

課題解決事例

都市部の雨水幹線立坑の低騒音・低振動施工

工法 大口径大深度鋼管埋設工法 φ3200mm級
施工目的 都市部の大深度の溜池幹線の立坑施工
工期 平成25年1月~平成25年7月

この現場の課題ポイント

  1. 狭小な施工ヤードでφ3070mmの鋼管54.0mを49.5m低騒音・低振動で回転埋設した。
  2. N値50を超える地盤に長尺鋼管杭を回転圧入するにあたり、施工してアースドリル機により施工掘削とベントナイト注入を行い、滑性を与えることで孔壁と鋼管外周との間に発生する貫入抵抗を抑えることができた。
  3. 長尺鋼管の埋設工事となるため、建て込み精度を高くして施工を行った。

現場写真

工事諸元

鋼管径 φ3070mm
鋼管長 L=54.0m
圧入長 ℓ=49.5m
本数 5本
概要 地表付近の既設管渠(汐留川雨水渠)から取水した雨水を
地下45.5mの深さまで落とし込む高落差工を築造するための
立孔(鋼管ケーシング)を5箇所設置するものである。
現場名
発注者
元請会社
営業所 東京営業所

前のページに戻る

  • 課題解決事例
  • NETISについて
  • お知らせ
工法特設ページ公開中!
マイクロジョイントパイル工法
フェニックス・ステージ工法
A-CR工法
カプセルホウ・パイラ[BSタイプ]工法
大口径大深度鋼管埋設工法
ページトップへ